top of page

かかりつけ薬剤師制度とは

薬による治療のこと、健康や介護に関することなどに豊富な知識と経験を持ち、患者さんや生活者のニーズに沿った相談に応じることができる薬剤師のことをいいます。

かかりつけ薬剤師は、皆さんご自身が選択するものです。ここでは、かかりつけ薬剤師の機能と利用するメリット、具体的な活用方法についてご紹介します。


そもそもかかりつけ薬剤師とは?


厚生労働省の定める条件をクリアしている薬剤師がかかりつけ薬剤師として患者さまの担当をすることが出来ます。



かかりつけ薬剤師をもつメリット!


  • 安全・安心に薬を使用できる

→担当の薬剤師が、他の医療機関や薬局で受け取ったお薬や市販薬、健康食品、サプリメントなどをまとめて把握して、重複したお薬が出ていないか、お薬同士や食品との飲み合わせが悪くないかなど、お薬の服用に際して注意点などをアドバイスします。


  • いつでも相談できる

→患者さまの服薬状況をよく理解した薬剤師として、お薬や健康維持に関するご相談などにお応えします。夜間・休日などご利用の薬局が閉まっている時間帯でも、お薬についてのご相談などを承ります。


  • 治療効果的や体調変化を見逃さない

→かかりつけ薬剤師より治療の経過や、お薬の効き具合や副作用の出方を継続して管理することでより治療の効果や副作用を回避することが出来ます。経過によっては主治医などと連携をとりより良い薬物治療をサポートします。



まとめ


オンライン薬局でもかかりつけ薬剤師の要件をクリアしている薬剤師がいます。気軽にお声がけください。




閲覧数:41回
bottom of page