top of page

ジェネリック医薬品の疑問に答えます

薬局でよくジェネリック医薬品の希望について聞かれたことはありませんか?

今さら聞けない、変更してみたいけど何となく不安など、よくある疑問についてお話しようと思います。




そもそもジェネリック医薬品とは?


後発医薬品(ジェネリック医薬品とも呼びます。)とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品のことです。

先発医薬品より安価で、効き目や安全性は先発医薬品と同等であり、欧米では幅広く使用されています。ジェネリック医薬品は、開発コストが抑えられている分、お薬の値段を新薬より安く設定することができます。日本も医療費節減のために、ジェネリック医薬品の使用を積極的に促進しています。



ジェネリック医薬品は本当に同じなの?


ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を同じ量で作られています。

国(厚生労働省)の厳しい審査を経て、先発医薬品と同じ効き目・安全性、品質であることが証明されてから初めて、販売することが認められています。

先発医薬品との違いは、有効成分以外の添加剤やお薬の大きさ・形状などです。

添加剤は、国に認められたものだけを使用することが定められていて、お薬の効き目や安全性に影響はありません。



変更するメリットは?

  • お薬代が安くなる

  先発医薬品に比べて約2~6割のお薬代(薬剤料)になります。

  ご負担の差はお薬の種類や服用期間などにより異なりますが、

  生活習慣病など長期間服用するような方にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。


  •  飲みやすく・使いやすく工夫されている薬もある

  飲み薬であれば添加剤の変更などにより苦味が感じにくくなっていたり、

  錠剤の大きさが小さくしたり、水なしでも飲める薬に工夫されていたりします。

  塗り薬であれば塗りやすさ、使用感の工夫など。



注意点


  • 添加物の違い

  もちろん治療効果等は同等ですが、稀に添加剤が体質的に合わないことも。

  ただし先発品にも同様のことが言えます。


  • 在庫の有無

  流通等の影響ですぐに用意ができない場合、またメーカーの変更を行うことも。

  先発品にも同様のことが言えます。



まとめ


今まで飲んでいる薬から変更するのに不安を感じるのは当然のことだと思います。

不安な方はご相談ください。その上で適切な選択を薬剤師としてご案内いたします。




閲覧数:48回
bottom of page